焼酎

◆ 自然の恵みあふれてる 焼酎「柳山高柳」 ◆


柳山高柳
黒麹甕壺仕込み焼酎「柳山高柳」(やなぎやま こうりゅう)は峰山地区(高江町)民が共生・協働で建設した手作り観光公園柳山アグリランド(標高三百八十九m)で栽培したコガネセンガン・紅さつま・白さつまの3種類のサツマイモを使い,米は高江三千石ヒノヒカリを使い,ラベルは高江中学校平成十八年度一年生が考案したものを原案として使い,仕上げたものです。
 子どもたちを含めた「地域力」による町づくり焼酎を是非ご愛飲ください。


平成19年4月に当地柳山アグリランドの東側を45a開墾し,地元民を含む市内外二百数十名のボランティアで苗植えがなされ,11月末収穫した。市内の山元酒造に製造を依頼し,平成20年1月末に待望の新銘柄「柳山高柳」が完成した。三千本を生産し,即日完売となり,幻の焼酎と言われるまで評価をいただいた。 また三千本というシリアルナンバーをラベルにも表示し,その数字でも楽しんでいただいた。価格は三千円。

 透きとおる青い瓶は東シナ海を,ラベルのオレンジは柳山,グリーンは高江の田,ブルーは川内川をイメージした。